ピンクのタイヤを履いたピンクのクラウンを見たことがありますか?

カラーサイドタイヤ

先ほど、運転しながら聴いていたラジオから「カラーサイドタイヤ」というワードが聞こえてきた。どうも、ブリヂストンが「色付きの車のタイヤ」を出したらしい。そういえば、もう何年も前に別のタイヤメーカーの人に「ピンクやブルーのタイヤを作らないのですか?」と聴いたことがあった。その時はタイヤが黒いのは強度を高めるためなので」との返事だったと記憶している。

ブリヂストンの川合氏は、「そもそも“タイヤは黒い”という常識があるが、1910年式T型フォードに使われていたタイヤは黒くなかった。その当時のタイヤは剛性が低かったが、 1912年にカーボンブラックによる補強技術が生まれ、このころから一斉にタイヤは黒くなった」とし、カーボンブラックによる補強技術が生まれて以降、 100年間はタイヤは黒いものという常識にとらわれていたと説明している。(出典;http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130612_603414.html

更にその説明によると、ゴム自体に色を付けるのは老化防止や重量の点からメリットよりもデメリットの方が大きいようだ。そのため、「カラーサイドタイヤ」はゴム面にカラー印刷する技術でタイヤにカラーリカラータイヤングしている。

このカラーサイド技術によるタイヤは2013年10月1日より発売され、今後は下の写真のような様々なデザインにも対応する計画のようだ。

カラータイヤデザイン2

カラータイヤデザイン1

 

黒いタイヤでは「カワイイ」という形容詞は絶対に出てこない。100年間にわたり、真っ黒だったタイヤにカラーリングタイヤが出ることはこうやって言葉で書く以上にデザインの自由度とインパクトを与えると思う。

ピンクのクラウン、発売へ 特別仕様車を9月限定受注

トヨタ自動車は9月に高級セダン「クラウン」で、ピンク色に塗装した特別仕様車の注文を受け付ける。昨年末に14代目の新型クラウンのキャンペーン用でつくったところ、女性を中心に好評だったため、一般に売り出す。ピンク色を使うのは1955年のクラウン誕生以来、初めて。(出典;http://www.asahi.com/business/update/0726/NGY201307260011.html

ピンクのクラウン

というから驚きだ。今まで発売していなかったらしい。あれだけプロモーションでインパクトを与え、これまで全く無視されていた若い女性からも注目を浴びていたのに、「ピンクの実車」を発売していないなどトヨタの宣伝担当者の大きなミステイクとしか言えない。TVCMで訴求したカラーリングの車は発売初期には実売よりもプロモーション効果を狙ってある程度の台数は実車として走行させたいのではないか。できれば、若い女性限定や60代以上の夫婦、あるいは大企業の経営層などの拡散効果の高い人に乗ってもらいたい、のではないか。
もう、すでにあのTVCMのインパクトはなくなってしまっているだろう。もったいない。が、まだ遅くない。トヨタが弱点である若い層やアグレッシブな60代以上に刺さることを期待したい。

「赤い車」は好景気の旗印?!

車の色の話を書いていて、つい2,3日前に会社で同僚が「赤い車は景気が良い時に売れる」という話をしていたことを思い出した。その時はバブル期の「マツダのファミリア」は赤い色でずっとプロモーションしていて、実際に見かけるファミリは圧倒的に「赤」が多かったような気がした、という昔話だった。少し検索してみると日経プラスワン「エコノ探偵団」〝今春は明るい服がブーム 流行色は景気と関係あり? ”(2013/5/18付)によると、『マツダが12年11月に発売した乗用車の新型「アテンザ」は4月までに国内で1万5千台を売るヒット。このうち新開発の深みのある赤「ソウルレッドプレミアムメタリック」の車体が2割を占める。
広島県のマツダ本社に出張した明日香に、国内営業本部の大山卓さん(52)が力説した。「日本の乗用車販売は通常、同一車種で赤色が1割以下。赤いアテンザの人気は景気と無関係でないでしょう」』
とのこと。アベノミクスで景気が上向きになり始めたといわれている時期に「赤い車」が売れているのは偶然だろうか。前出の日経記事の結論としては「色と景気の因果関係はハッキリしない」とのことだが、こと車の色と景気に限っては結びつきがありそうだ。

近いうちに「ピンクのタイヤを履いたピンクのクラウン」に遭遇すると、なんかとてもうれしい気持ちになりそうだ。

 

(2013/8/31追記)

昨日のYahooニュースによるとTOYOTAはピンクのクラウンを発売するようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130830-00000042-rps-ind

コメントを残す